2010年11月18日

能登白ねぎの畑には伝言ポストがあった

sironegidengonban.jpgsironegihatake.jpg能登白ねぎは「能登野菜」に認定登録されている能登地区の野菜のひとつ。
やわらかい白ねぎで高品質が評価され地元石川県はもとより関西圏に出荷されて
いる。
この能登白ねぎの畑を見学する機会があった。
畑の中にはなにやらビンのついた棒が立っている。
このビンは「伝言ポスト」といい、農業普及員さんや営農指導員などの農業指導
の専門家のかたが白ねぎに関する栽培の情報を伝達するためのものだということ
がわかった。まだまだ利用は限定的かもしれないが、いずれ農家同士や地域の農
業サポーターが応援メッセージを入れたりするようになると面白い。
能登白ねぎの「伝言ポスト」はアナログだが、地域で白ねぎ栽培の技術を向上さ
せるためのソーシャルネットワークみたいなものである。
posted by どもども at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | メモメモφ(..)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41761280

この記事へのトラックバック